FC2ブログ

きものがたり

浅草橋で着物着付け教室を運営しております瑠璃子です。着付教室の様子や創作帯結びコーディネイトなど綴ってまいります。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

本麻の長襦袢

こんにちは、瑠璃子です。
今日もよろしくお願い致します。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
梅雨が空けた途端当たり前のような35度越え。
外に出ると溶けてしまいそうです~。

さてお教室での夏大島紬。悲しいかなその透け感があまり分かりませんね。実際には大島紬よりも太めの強撚糸で織るため隙間ができて、中に着る白い長襦袢が透けて見えて涼しげに映ります。

夏大島紬と八寸名古屋

こちらでどうでしょう

夏大島

長襦袢は本麻で


着ている本人も麻の長襦袢、それも本麻絽の長襦袢を下に着ますと涼しさが全く違います。麻は天然繊維の中で最も涼しいと言われ、吸水・発散性に優れているので夏は洋服でも大活躍していますよね。

ただ、しなやかな絽の着物などは裾さばきがそぐわないですし、何よりエレガントな絽の生地を染めた付け下げや小紋などの着物には、やはり絽の長襦袢がいいですね。

麻の長襦袢はおもに上布や紬類 絹紅梅、といった夏のカジュアルな着物の下に着るのに向きます。
小千谷ちぢみにもいいですね。

麻の長襦袢の良いところは何と言っても自宅でガラガラと洗濯機で洗えるところだと思います♪  もちろんネットに入れて^^。
あとはシワをしっかり伸ばして干せばアイロンはいらないかもしれません。わたくしは袖口、振り、裾のほんの一部分だけアイロンを掛けますが。
一つだけ注意して頂きたいのが洗濯によって少々縮むこと。

わたくしは一寸弱程長めに仕立てて頂き、一度洗濯をしてしまいます。それでもまだ寸法は長いと思いますがここで一端手縫いで繰越のように簡単に縫い留めてしまいます。

また縮んだら縫い留めた糸をを外せば宜しいのではと思います。

夏は汗対策との戦い?ですもの。帰宅したらすぐに洗える麻のそれも絽目の長襦袢が嬉しいですね。やはり目が空いてる分涼しいのです。

麻の長襦袢は洗えても半襟をいちいち外すのは面倒・・・。大丈夫!
半襟も麻にすればそのまま洗濯機へポン♪です。

半襟のシワが気になる方は軽く霧吹きをしてアイロンをかければOKですし。但し衿山にピシッと折れ線が付くようなアイロンは(>_<)ですわよ。

いろいろ工夫して夏の着物をお召し頂きお出掛けを楽しんで下さいませね。
 
最後までお付き合いくださりありがとうございます
更新の励みになります
ポチッと応援お願いいたします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


【 2014/07/26 】 未分類 | TB(-) | CM(-)