FC2ブログ

きものがたり

浅草橋で着物着付け教室を運営しております瑠璃子です。着付教室の様子や創作帯結びコーディネイトなど綴ってまいります。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

帯結びの時にまさかのおたすけ手袋

こんにちは、瑠璃子です。
今日もよろしくお願い致します。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


お買い物をしてレジに向かう時の行動。

まず眼鏡をかけて手袋を外してお財布をバックからゴソゴソ探していざお支払。
後ろに人が並ぶととても焦ります。

なるべく小銭も出してお財布を軽くしていきたいのですがこの小銭。なかなか思うように掴めません。
さらに眼鏡なしですと百円 一円 どっち!?
指先の皮が厚くなり乾燥も伴いお札を数えるときが一番一苦労。

電子マネーだけにした方がいいのかしらん?

そんな訳で自装の帯結びにも影響が出てきております。
それはお太鼓を背中にのせるとき。

一端帯枕とその延長のガーゼそしてタレ元に近い方の帯を同時に親指や人差し指 中指を使って正目を正して感覚で背中につける訳ですがその時の指で支え持っていることがとても危うくなって来ました。

角質化した指先がツルツルし過ぎていて摩擦が少ないのですね。

そこでナイロンの白い手袋をして帯を締めお太鼓をしてみました。
これが按配が宜しいのです。
手袋をつけることによって生じた摩擦でお太鼓を背中で支えることが難なく出来て^^。

よかった(;´∀`)。

たったこれだけの事なのですが滑り落ちないようにいらぬ力を指先に入れる必要が無くなって気が楽になりました。

他装では全く困ることはないものの自装は今後も色々工夫していくことになるのでしょうね~。

でもお陰様で肩はとても稼働率が良く両手でお太鼓山の上、肩甲骨のさらに上まで持っていくことが出来ます。
とささやかな訳の分からない自慢をしておきまする。

日ごろ自分の後ろ背中側で何かをすることは少なく、前での手作業ばかりですが着物は後姿が物言う衣装。帯結びにも気を配らなければなりません。

そのせいで肩の稼働率が良いのかもしれません。

老化に逆らって頑張っているところもあるのですよ。

きものがたり

出張着付け・お問い合わせ
お教室詳細



最後までお付き合いくださりありがとうございます
更新の励みになります
宜しければ↓の「着付け」の表示をポチッと応援お願いいたします☆

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

【 2016/01/29 】 着物小物の工夫 | TB(-) | CM(-)