fc2ブログ

きものがたり

浅草橋で着物着付け教室を運営しております瑠璃子です。着付教室の様子や創作帯結びコーディネイトなど綴ってまいります。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

桜の帯どめを使いたくてコーディネートした着物と帯

こんにちは、瑠璃子です。
今日もよろしくお願い致します。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

今日も良いお天気ですね。

一昨日などは5月なみの陽気で銀座におりましたらお若い方は半袖姿♪。

その中でお着物の方がコートをお召になっていらっしゃいましたが、これからの時期お洋服の方は気温に応じて臨機応変にあるいは自由気ままに薄着になっていきますので羨まし限りです。

お着物の方もコートはもう単衣のコートや春コートをお召頂いた方が爽やかに目に移ります。

またご本人さまも裏地がなかったり絽や紗のような夏の薄物でお仕立てした布地でしたら風も通してくれますし快適に過ごせますよね。

ただし紗の場合は目の詰まったあまり透け感が少ないもの方がいいですね。

桜柄の帯留を使ったコーディネート


さて先日、まだ桜の帯どめを作る前にだった時のお教室での着物コーディネートです。

お気に入りの着物なのでよく登場させてしまいますぅ(#^^#)。

こちらは竹をモチーフにした縞の模様。
その縞と縞の間に菱文様や松葉の柄などが型染めされた江戸小紋柄を引用したとても手の込んだ粋な小紋なんです。

縦縞小紋と洒落袋帯 さくら帯留め

それに洒落袋を締めております。

洒落袋

こちらの桜に因んだ帯留は伊藤北斗氏の作品です。

桜の帯どめ 伊藤北斗氏「

伊藤氏は独特の色絵磁器の世界観をお持ちで人間国宝であった故藤本能道氏に師事された方でいらっしゃるんですね。

「釉刻色絵金銀彩」という新しい技法による花器・筥・香炉・皿・酒器等があり今、日本陶芸界の注目と人気を集めておられるようです。

何度も焼きながら塗り重ねた深みのある複雑な発色の中にわたくしの大好きな瑠璃色もあり、つい引き込まれてしまいます。

すてき・・・♪

でもこちらの桜の帯どめは銀彩だけでまとめてぐっと渋い帯留めでしたので、地色が白の洒落袋で際立たせてみました。

スッキリと見えるのではないでしょうか・・・。

夜桜のように見立ててお着物や帯に物語性があったらもっと風情が出たのでしょうね。
残念ですがそこまでは行き届かず、でも一点だけでその季節を謳歌するほうが好きなわたくしはこれで十分なのです。

千鳥ヶ淵の桜がとても見事でしたが昨日伺ったお宅の近くの乃木神社の桜も風情があってとてもきれいでした

写真に収めたくともが何故か写真が全く取れない状態に・・・???雨の中着物姿で傘も斜めになりながら奮闘したのですが・・・。

電話もすぐにプツッと切れてしまうし、機械音痴のわたくしはまたまたdocomoのお世話になりそうです。

学習能力がないと娘からのお墨付きのわたくしです、ハイ。

最後までお付き合いくださりありがとうございます
更新の励みになります
宜しければ↓の「着付け」の表示をポチッと応援お願いいたします☆

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
【 2015/04/02 】 コーディネート | TB(-) | CM(-)