fc2ブログ

きものがたり

浅草橋で着物着付け教室を運営しております瑠璃子です。着付教室の様子や創作帯結びコーディネイトなど綴ってまいります。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

2月のコーディネート 飛び絞りの帯揚げと雪月花

こんにちは、瑠璃子です。
今日もよろしくお願い致します。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

2月上旬のお教室でのコーディネートです。

どちらかといえばスッキリ系が好みのわたくしですが、たま~にはんなりとした着物姿に憧れたりも致します。

それでもお教室ということもあり、着物に優しい色目を持っていくことに抵抗があって手にすることがなかなかございません。

洋服でもピンクが着たいの~と思っても勇気が出ないときにスカーフなどで登場させりいたしますでしょ。

同様なことをしてみました。

前々から飛び絞りの帯揚げ、あ こ が れ でした♪

京都の芸子さんがオフの時にお召しになっていらした着物にこの飛び絞りの帯揚げをしていたのです。

当時はその芸子さんとおんなじ帯も欲しい~!!!と思いましたがそこはその・・・お値段で踏みとどまらずを得なくって・・・(´Д`)。

飛び絞りの帯揚げを手元に置いて数年が経ちますが昨年よりようやくチョコチョコと使うようになりました。

地空き小紋 雪月花 名古屋帯

白地に紅の飛び絞りの帯揚げがちょっとしたアクセントになって心華やぐコーディネートになったと本人は思っております。

黒地の地空きの小紋ですのでより白と黒と赤とのコントラストが際立っているように思います。

合わせた帯は梅の花がほころび始めるこの時期にしか結べない塩瀬九寸名古屋帯です。

雪月花 名古屋帯

梅の花を囲むように三日月形に雪月花と文字が踊っております。

雪月花・・・
平安文学に多大な影響を及ぼしたという中国の詩人白居易(はくきょい)が
「『寄殷協律』の一句「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」による語。 雪・月・花という自然の美しい景物を指す語である」Wikipedia

四季の自然美の代表的なものとしての冬の雪、秋の月、春の花。なんと風雅なこと・・・

この帯も冬の雪を白、秋の月を支子色(くちなしいろ)、春の花を一重梅色(ひとえうめいろ)と色で表現してくれております。

日々忙しない生活の中でともすると自然の移ろいも気に掛ける事もなく過ごしてしまう潤いのない暮らし。
でも刻々とと移り行く季節の様は全ての人に公平に与えられているんですよね・・・

ただ見ないだけ、見えないだけ、感じないだけ、感じようとしないだけ・・・。

勿体ないことです。

折角ならばそこかしこに息づいている四季の移ろいに敏感でいたいものです。な~んて云ってみたりして^^。

出張着付け・お問い合わせ
お教室詳細


最後までお付き合いくださりありがとうございます
更新の励みになります
宜しければポチッと応援お願いいたします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

【 2015/02/17 】 コーディネート | TB(-) | CM(-)