fc2ブログ

きものがたり

浅草橋で着物着付け教室を運営しております瑠璃子です。着付教室の様子や創作帯結びコーディネイトなど綴ってまいります。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

お手持ちのブローチを帯留にして楽しんでみては?

こんにちは、瑠璃子です。
今日もよろしくお願い致します。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

帯どめが中心からずれてしまったお話の続きです。

通常の帯どめは二枚歯の下駄のようになっておりましてその奥行き(高さ?)が狭いため三分紐や四分紐をギリギリで通していきます。
帯締めを通しにくい分一度帯の中央に決めてあげればその後移動しにくいですよね。

ところがブローチを簡易的に帯どめに変身させる帯どめ金具は、簡単ではあるものの三分紐を通す部分に余裕があり過ぎて帯どめの位置を気にかけておりませんとふ~らふ~ら動き回ってしまいます。

ブローチを帯留に出来る金具はどんな感じのものかと申しますとこんな感じのものです。

帯どめ ブローチ 金具

・(上段)金具が帯に付いた状態↑
・(中段)金具を横から見たところ上の小さい黒い点がブローチの針を通す穴となります。【O】のところに三分紐を通します
・(下段)斜めから【O】をみたところ

帯どめ ブローチ 金具

・(上段)ブローチの大きさと金具の対比↑
・(中段)金具にブローチの針を通したところ
・(下段)ブローチの針を戻して三分紐を通してみました

帯どめ金具

・拡大してみました。三部紐を通しても金具の空間に余裕があるのをご覧いただけますでしょうか。

帯どめ ブローチ 金具

・(上段)帯どめとなったブローチに三分紐を通した裏側です。
・(下段)帯の上にのる形がこちらになります。

帯どめ金具

ね~残念サンになっておりますでしょ~そんなこととはつゆ知らず余所いきの顔してお写真撮って頂いておりました。

江戸紅型小紋柄に雪月花の塩瀬の名古屋 ブローチで帯どめ

やはり収まるところに収まるとスッキリ致しますね。

相も変わらず大好きな帯留め、金具による特徴を把握して、外出先では衿元やおはしょりを直す手にもうひと手間加えて帯留にもチョッピリ意識を持って行ってくださいませね。

お手持ちのブローチ、色々物色なさって帯に似合いそうなお品があったら是非お試しくださいませね。

一つ新しいものがいつものお着物に加わりますと目に飛び込んでくるお着物姿が新鮮に映ります。
すると表情も変わってきて・・・一日何だかウキウキいたします。(単純でしょ~)

ウッフッフ・・・楽しい~(^^♪

出張着付け・お問い合わせ
お教室詳細

最後までお付き合いくださりありがとうございます
更新の励みになります
宜しければポチッと応援お願いいたします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
【 2015/01/20 】 帯どめ | TB(-) | CM(-)